ずるずるずーる〜女性MRの営業・育児・お金~

現役女性MR。結婚出産を経て育休中。女性だからこその視点でMR、製薬企業のことや子育て、お金についてまとめていくよ。

売るものがない…現実

おはようございます

最近は子供と寝てその分早く起きて自分の時間を待つことにしてます!

ずーるです

MRはつい空き時間があるからと仕事を後回しにしがちですが勤務時間外は仕事をしないことを徹底すると時間がありふれていることに気がつきます

 

 

 

 

 

 

最近また若いMRの退職が増えてきました

先を見据えて辞めます

というよりかは今の自分の状況に耐えがたいと言った感じ

製薬企業はいろんな場面で厳しい局面に立たされていますが今日は売るものがない現実にフォーカスしてみましょう

 

 

 

 

 

文字通り新薬を出し続けられない会社が増えています

皆さん知ってます?

最近の新薬

やたら高い薬価、バイオ製剤が並ぶ官報…

あとはオンコロジーでしょうか

それを全てのMRが扱えるかと言うとそうではありません

 

 

疾患専門MR

バイオ製剤MR

オンコロジーMR

といったようにそれぞれの担当がつけられている会社が多くなってきたのではないでしょうか

GSKのように1品目1MRというところもありますね

 

 

ところがこれと別にその他の品目を扱うプライマリーMRが存在するわけです

その人たちは特許切れを待つか既にゾロ化したものでなんとか食いつなぐわけです

正直この手の薬で新しい薬はどんどん減ってきています

新しく出しても後発品のある薬が先行していればあえて処方する必要もないしね

となると仕事が…ない

いや正確には仕事がないわけではないですがやりがいは先述したMRよりは減るでしょう

営業売らなきゃ給料あがらん、賞与もあがらんです

 

 

 

 

 

もちろんこんな中でも残っている人はいるでしょう

私もまだ続けていますしね笑

ただ来たるリストラは考えておかなければいけません

 

昔、就職活動していたときに某会社さんからいわれた言葉があります

「大手は毎年のように新薬を出している。でもうちは毎年新薬は出せない。それでも社員数を考えたらそれで社員を守っていけるから十分だ。一方大手は毎年のように出さなければ社員を守れない。切っていくしかないこともある」

と。

もちろん数年に一度出せてた物が出せなくなったら崩れるのは同じですけど。

学生時代は新薬出してる会社が安泰、と思っていましたが今はそうも思えなくなりました。

新しいものが出せなくなる状況に加えてこのコロナです。

市場はとても縮小しました。

新しい物出しても患者がいないんじゃ出るものも出ません。

新しい物出せないなら情報提供すらできません。

次の賞与は出ないだろうと腹を括っていますが賞与どころか月々の給与がなくなることがないように結果を残さなければいけませんね。

 

 

 

またリストラ騒ぎは出てくると踏んでます

1品目1MRだってその品目なくなったら切られるのでは?という不安に駆られて仕事することになりますよね

会社としてはバサッといきやすかったりするのかな?

株を始めて大手はいつ大手じゃなくなるかは分からない、逆にいつ小さな会社が大手になる会社かも分からない

そういう考え方をするようになりました

 

私も1MRだし、自分の会社が残ってほしいと思いつつ未来考えて働き方考えなくてはいけないなー