ずるずるずーる〜女性MRの営業・育児・お金~

現役女性MR。結婚出産を経て育休中。女性だからこその視点でMR、製薬企業のことや子育て、お金についてまとめていくよ。

今後のMR、今の課題

こんばんは。

今日は久しぶりに仕事仲間に会い、今後のMRについて考えてみたのでまとめます。

 

 

 

 

①売上至上主義撤廃は急速化、MRは減る?

 

以前からまとめてきた「売上至上主義の撤廃」

これに対する各社の動きが急速化しています。

まあそりゃ厚労省からのお達しなので...従わないわけにもいかないです。

 

そうなると、競争意識が減り業界内の新陳代謝の低下は否めません。

そのうち医療機関の訪問も今以上に厳しくなることでしょう。

今後はインターネットをつかった情報提供が増え、実地で行う営業はもはや副作用調査などがメイン?

MRは不要にはなりませんが人数が今ほど必要なくなるのは否めないでしょう。

 

となれば何がボーナス評価になりうるのでしょうか。

社内のごますり?

厚労省から出されている面談の文章化による情報の適正性?

うーん、先行き不安なところです。

 

 

 

 

 

 

②地方は正社員、中央はコントラクトが占めてくるかも

 

女性MRが増えたことで中心部に女性を配置することが多い製薬業界。

なぜか。

辞められちゃったら困るからですよね。

それでも辞めていってるのが現状です。

 

そりゃそうよ、旦那さんが転勤なったらついてくし結婚、出産のイベントがあれば辞めなきゃいけないこともあるし。

いくら制度があっても辞めざるを得ない状況はあるものです。

 

そこで重宝されるのがコントラクトMR。

彼らは地域限定型ですからそれを狙って入る人も多い。

そうするとね、こんな流れになるわけです。

 

女性MRを多く採用

辞めてほしくないから中央に配置

結婚、出産等で退職

期の途中の場合は補充ができない

期の途中でも人が足りないこともある

コントラクトMRを雇う

 

 

こうなったら中央部はコントラクトMRで溢れます。

社内で中央部に行きたい人がたくさんいるにもかかわらず、です。

これが主流化したら初めから中央部に行く芽も摘まれてMR受けてくれる人が減ってしまいそうだな、と個人的には思います。

 

人事の皆様、頑張って。

 

 

 

 

③まとめ

製薬業界にとってかなり厳しい未来が待っているのは間違いなさそうです。

MRは不要にはならないけど数は減る。

そうなったら少ない中に生き残っていくしかないですよね。

 

ただ今MRになろうとしている皆さん。

皆さんはいきなり切られることはおそらくありません。

入れれば精鋭として迎え入れられること間違いなしです。

働き方は変わるけどMRって悪い仕事ではないと思います。

なんだか暗い話になってしまったけど自分の考えを残したくて記事にしました。

 

お読みいただき、ありがとうございました。