ずるずるずーる〜女性MRの営業・育児・お金~

現役女性MR。結婚出産を経て育休中。女性だからこその視点でMR、製薬企業のことや子育て、お金についてまとめていくよ。

ついにきた、MRから売上評価がなくなる?どうなるのか考えてみた。

こんばんは。

育休中ですが業界ニュースはかかさずチェックしてます、現役女性MRのずーるです。

 

 

 

昨日、ノルマについての話を書きましたがまさか1日で覆されるとは!!

 

 

 

www.mixonline.jp

 

 

 

元々は某外資メーカーが売上を評価対象にしないと先に動いていましたね。

その直前、大量に詰めていたMRさんを何度見かけたことか…

最後の売上評価の時でしたからね。

 

 

 

今回はついにガイドラインで決められることになったようです。

中身を見ていきましょう。

 

 

 

 

 

 

○人事上の評価項目に適切な販売情報提供活動を行ったかを入れ込む

適切な販売情報提供活動を確認せよとのガイドライン。

「この地域でそんなに売れるわけないのに計画がおりてきたから無理に売り上げを作り上げている!」

っていういわゆる『詰め』に対するパブリックコメントがあったらしい。

そりゃ詰められた薬局からしたらたまったもんじゃないですよね…

 

おそらくこれが浸透したら詰めは制度上禁止になるでしょう。

というかなくさざるを得ませんね。

詰めがなくなることは市場が適正化されていいのかも。

そして詰め作業が嫌で辞めていくMRもいなくなるかもしれませんね。

 

ただ詰めでなんとか見てくれ売上右肩上がりだった会社はどうなるんだろう?

いきなり下がるのかな。

 

 

 

 

 

販売情報提供活動監督部門

提供される資材や活動の適正性を管理する部門を会社に作りなさいという指示。

厚労省の定めているモニター制度が既にありますがそれを社内でも厳格に行いなさい、ってこと。

しかも人事上その立場をはっきりさせなさいってことは各会社そこに人をあてなくてはいけなくなるわけだから組織が変わる会社も出てきそう。

 

しかもMRだけではなくMA、MSLも!

そのうち厚労省から各製薬会社に人が派遣されてチェックされる、なんてことも起こりうるんじゃないかな。

そうなったら本当に画期的な薬じゃないと売れなくなりますね。

 

 

 

 

 

日報で資材以外の質問も管理、会話を具体的に残す。

いやいやいや、待ってー。

日報の比重がかなりあがりますね…。

1日10人以上医療関係者と会うのにその記録を具体的に取れ、ですと?!

これは各会社日報の簡略化が進んできていた中で大きな変化では。

正直資材にないことを聞かれることなんてよくあります。

それで関連文献を読んで勉強して回答するのなんてしょっちゅう!

 

ただでさえ時間外労働の多いMRの時間外労働がすごく増えそうな予感…

ママさんMR、なかなか厳しくなるなー

内勤ばかりしているMRは優秀じゃないと思っていたけどこれは内勤メインになってしまう可能性大ですね。

 

 

 

 

 

疾患啓発ができなくなる?

なかなか患者さんは悩んでいても先生の前では『大丈夫です、変わりありません』って悩みを伝え忘れてしまうことがあります。

だから先生からこんな症状ないですか?って聞いてもらうこともあるんですよね。

それが一般人向け広告に該当する可能性がある、らしい…

 

これに関しては言わせていただきたい。

本当にこれで悩みがなくなる患者さんはたくさんいる。

実際医師から感謝されたことはたくさんある。

大学病院で研究している医師ならいい。講演会だってたくさん出るだろうし。

でも地域で総合内科医をやっている場合、専門外でも診なくてはいけないケースは多々あります。

専門外の知識のセミナーにわざわざ出向くことは難しいという意見もあります。

だからMRから最新の話を聞く。

で、患者さんに症状を聞いて診断を付ける。

のに!!これじゃ総合内科医の先生が潜在的な患者さんを診るにはどうするの?!

診療の幅が狭まっちゃう気がしてならないな…

困ってる患者さん…見つけられなくなってしまうんでしょうか。

 

 

 

 

今発表されているのはこんなところ。

かなりMRの働き方が変わってくる重要なニュースですね。

思わずいつもとは違うタッチの記事になってしまいましたが各会社、大きな変化を迎えそうな予感がします。

今後も要チェックですね。