ずるずるずーる〜女性MRの営業・育児・お金~

現役女性MR。結婚出産を経て育休中。女性だからこその視点でMR、製薬企業のことや子育て、お金についてまとめていくよ。

MRの仕事におけるノルマとは

f:id:zureblo:20190220222310p:plain

 

 

先日ふと某SNS

『MRさんはノルマがあるの?』

というフレーズを目にしたのでまとめてみました。

 

 

 

 

 

◯ノルマはあるのか

MRは営業です。

もちろんノルマがあります。

一番わかりやすいノルマは【売り上げ】です。

ただMRの売り上げは薬の売り上げ。

売りたくても処方箋が出て、薬局の薬の在庫がはけてくれないと新しく購入はされません。

簡単に主導では上げることができないわけです。

だから先生にたくさん使ってるでしょ?と言ってもらえてもなかなか結びつかない時もあります。

そこが結びつくように、それを目指して訪問して紹介するわけです…ヘトヘトになりますね。

 

 

 

 

 

◯日常的なノルマ

私がSNSで見たのはこの話でした。

前回の記事にあった説明会なんかはここにあたります。

新薬が出た時なんかは説明会祭りになっていますね。

1ヶ月で何回、半期で何回と数をこなすことを求めている会社はまだまだあります。

意味のあるところでやらなきゃ意味ないのにね…古い体質です。

 

 

 

説明会以外にも製品の紹介数のカウントもあります。

昨日までAについて話してたのに今日は珍しくBの話だったなと思われた医療関係者様。

それはBについてその会社が強化週間だったのかもしれません。

これについてはディテール数、というくくりで情報サービス会社も集計してランキングを出したりしているので多くの会社がやっていることかなと思います。

 

 

 

あとは訪問数。アポイントもこれにあたります。

1ヶ月のうち集中ドクターは◯回訪問すること、なんて会社もあります。

さらに上司同行も何回、とかね。

社内的にもこういったやってるか分かりやすい数で見えることを追われていくのです。

医療関係者の皆さん、中身がないのにアポイントを取ってくる人がいたらそれはノルマ達成のためかもしれません。

 

 

 

◯イベント的ノルマ

製薬会社の行う大きなイベントは講演会です。

自社製品に関する演題を演者をお願いして開催してもらいます。

これの参加人数は非常に問われます。

とんでもないお金がかかったイベントだからです。

参加人数が少ないと責任を取らされ、上司が異動になることもあります。

なので開催前は必死にパンフをもって走りまわっています。

 

ただこれに関してはね…

製薬会社が意味のある講演会を開催して、行きたい!と思ってもらえてないのが問題なのではないかなあ。

昔に比べて開催する演題は必ず製品に関係していなければいけないので自由度が減ったというのはありますが先生たちにとって意味がないなら行きたくないですもんね。

医療関係者の皆様、いつも来ていただく方々には本当に感謝しています。

復帰した際には意味のあるものを用意できるように致します!

 

 

 

 

以上です。

MRは価格は触れなくても営業なのでノルマはたくさんあります。

でもちゃんと仕事を考えて、薬をひろげることを考えていたらそんなのあとからついてきます。

またMRになってからは人の時間をもらっているという意識は忘れずにノルマを考えて動いてもらいたいですね。

 

 

 

では。